jandsloveの日記

独り言

ニキビ

ニキビって気が付くと同じ場所に繰り返しできていたりしませんか?

例えば私の場合は”顎”ばかりにニキビができてしまいます。
 
実はニキビができる場所って、ちゃんと意味があるんです。
原因がわかればしっかり対策をとることができますよね!

今回は「ニキビができる場所の意味」について、徹底解明していこうと思います。

ニキビができる場所の意味は?
 
おでこや鼻にできるニキビ(Tゾーン

一般的に「思春期ニキビ」といわれるニキビのことですね。

こちらはズバリ、丁寧な洗顔で清潔な肌を保つことで改善できます。
思春期でホルモンバランスが不安定なときに、おでこや鼻に過剰に皮脂が分泌されることで毛穴が詰まり、炎症を引き起こしてしまいます。
また、睡眠不足も原因になりますので、しっかり睡眠時間を確保することも大切です。

 

口の周りやあごにできるニキビ

よく言われている「Uゾーンのニキビ」のこと。

「大人ニキビ」の代表ともいえますね。

口の周りやあごにできるニキビには、主に4つの理由があります。

①男性ホルモンが増えたことによるニキビ
女性の場合、「男性ならひげが生えている部分」にニキビができている場合はこの可能性が高いです。

近年女性でも男性並みに高い役職で働いたり育児をしたり、忙しい方が多いですよね。
そういう生活の中で、男性ホルモンが多く分泌されることでニキビが発生してしまうのです。

男性ホルモンには皮脂を過剰に分泌させる作用があります。
皮脂が毛穴に詰まったり酸化したりすることで、ニキビの原因になってしまうのです。

②乾燥によるターンオーバーの乱れ
肌が乾燥することにより、ターンオーバーが乱れ、肌表面に古い角質が蓄積されていき、それが毛穴に詰まって炎症を引き起こすのが大人ニキビの特徴です。 

③胃腸が弱っている
胃腸が弱っていると口の周りにニキビが出来やすいといわれています。
「胃腸が弱っているな」と感じたら、しっかり休息をとり、胃腸に優しい食生活を心がけましょう。

 ④偏食・ビタミン不足
野菜不足でビタミンが不足していると、口の周りにニキビができやすくなります。

 

ビタミンB2・B6など肌にいいビタミンを摂ることが大切です。